News

マイト工業、スケール除去器に100・200V兼用

メーカー名商品名
マイト工業溶接スケール除去器「MS−2100」

新制御方式で性能向上

7334

 マイト工業(大阪市平野区)は、溶接スケール除去器のラインアップに単相100V/200V兼用モデル「MS−2100」を加えた。入力電圧の対応幅を広げたことで、使用場所を選ばずに使える点を従来機種との差異化要素に挙げる。
 スケール除去器の特長は、細かくて、狭い場所の処理作業の負担を軽減させたこと。専用の刷毛を使うことで、線材クロス接合でも、筐体小物部品でも、細い毛を通じて電解液が行き渡らせられる。研磨ヘアライン、艶なし、鏡面などの仕上げ工程に対応する。
 MS−2100は新制御方式を採用したことで、刷毛使用時の処理スピードと寿命が向上。さらに火花や電解液の飛び散りが激減する。クロスを使った場合でも、同様の効果が得られるうえに、ヘアラインや鏡面処理での白ボケが軽減されるという。
 ハードタイプの別売品として、角やすき間の処理に最適なコシのある刷毛、こすれに強く長寿命のガラスクロス袋型ハードを発売。中性電解液も新たに強力タイプを追加した。