News

エッジキャム、CAM新バージョン

メーカー名商品名
エッジキャム統合CAMシステム「Edgecam」

得意の旋盤加工など強化

7337

 エッジキャム(東京都港区)は統合CAMシステム「Edgecam」の新バージョン(2016R1)を4月中旬からリリースした。
 「Edgecam」は年2回の頻度でバージョンアップし、新機能や加工能力を都度強化してきた。新版はウインドウズ10に正式対応させ、「新しいスタンダード環境においても高いパフォーマンスを発揮できる」仕様とした。使いやすさを向上させ、マニュアルレスの操作性をより多くのコマンドへ拡充させている。
 加工機能もさまざま追加。ミーリング加工では面取り加工に、新しく工具径補正、および工具径補正番号を追加し、機械側での調整を可能にした。穴あけ加工では穴間を移動する際に、治具を避けるように工具を引き上げ、指定した点に降下する機能を拡張。5軸加工はパス動作をより細かくするなどの機能をつけた。
 ほか、得意の旋盤加工は旋盤荒取り加工に斜め切削機能を追加。旋盤溝仕上げ加工ではオプションとして「仕上げ前の突き加工」を機能としてつけた。ワイヤ加工では入力図形とコマンド設定により、2軸と4軸のどちらを適用する必要があるかを自動認識する「スマートワイヤ加工サイクル」機能を設けた。