News

ヤマザキマザック、大型機も展示可能なサポート拠点

岡山県早島町にオープン

7382

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は、岡山県早島町に「瀬戸内テクノロジーセンタ」を開設した。4月22日と23日にはオープニングフェアを開催。2日間で2300人が来場した。
 国内7カ所のテクノロジーセンタは、敷地面積約2800坪、延床面積約800坪の大規模施設。マシニングセンタ、複合加工機、三次元レーザ加工機など、大型機も展示可能な「国内最大級」のショールームに最新の工作機械11台を設置した。造船、航空機、産業機械など、中国・四国地区の重厚長大産業に向けて質の高いソリューションを提案するという。
 最新機種の展示以外に、加工実演、技術支援、設備合理化の相談、機械購入後のトレーニングなど、ビフォア・アフターサービスを展開する。瀬戸中央自動車道や岡山バイパスが通る早島町は、中国・四国からの交通アクセスに優れており、同社は「両地区のお客様にとって大変利便性の高いサポート拠点となる」とコメントしている。