News

ZMPなど3社、IoTで在庫・工程管理 効率化へ

7390

 ZMP(東京都文京区)、SAPジャパン(千代田区)、凸版印刷(千代田区)の3社は4月20日、物流支援ロボットおよびIoT技術を使った業務効率化ソリューションの提供を共同で推進することで合意したと発表した。
 連携の第一弾として、ZMPが製造・販売する台車型ロボット「CarriRo(キャリロ)」に、凸版のRFIDシステムを搭載し、さらにSAPの基幹業務システムと連携させることで在庫・工程管理を効率化させる。多数の商品の入出荷・検品作業を一括で行うとともに、検品ミス・誤配、労働力不足などの課題解決に貢献するという。
 インダストリー4.0などでロボットへの注目が高まるなか、物流業界においてもICタグやセンサーなどICT技術を用いた自動化・最適化への動きが加速しそうだ。