News

卵子170万円、広がる闇市場「代理出産」

 「2人っ子政策」の中国では、代理出産で年に1万人以上が生まれているが、その市場が「グレーゾーン」として放置されているため、多数の「ヤミ業者」が跋扈。ある業者は「卵子提供女性が身長170センチ以上なら10万人民元(約170万円)」と料金を設定、これが基準になりつつある。「この道10年」のある業者は「病院」まで所有し、55万人民元の追加金で米国出産させると宣伝。げに恐ろしきは中国の現状だ。