News

ベッセル、全長109mmのショートインパクト

メーカー名商品名
ベッセルショートインパクトレンチ

最大トルク280N・m確保

7478

 ベッセル(大阪市東成区)は、ツインハンマー打撃方式の「ショートインパクトレンチ」を開発した。高いトルクへのスピーディーな立ち上がりに加えて、従来品では届かなかった狭い箇所に適した全長109mmのショートボディを特長に挙げている。
 車輌・機械整備、樹脂製形の金型交換、コンクリート製品の型枠製造で要望の多い小型・軽量とハイトルクを両立させた。最大トルクは280N・m。ネジ径16mmのボルトまで対応する。
 グリップは滑りにくいラバーを採用。手のひらにフィットする形状で絶妙な重量バランスを実現した。ツインハンマー打撃方式は「バランスが良く手への反動が少なくなっている」メリットも生み出したという。
 アジャストダイヤルで、右回転、左回転の3段階切替えが可能。用途として、トラクターや耕うん機の爪交換、車の足回り作業などを想定している。標準小売価格は税抜2万8400円。中型車のメンテナンスに最適な普通ボルト径20㍉㍍対応タイプ(最大トルク540N・m)も同時発売した。