News

ヤマザキマザック、上海にパーツセンタ開設

中国即納率95%へ

7641

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は5月23日、中国の各種アフターサービスを担当するパーツセンタを上海市内にオープンした。
 既存のテクノロジーセンタに隣接し、敷地面積6561平方㍍、延床面積4411平方㍍の規模で新設した。日本と中国で製造した保守用パーツを発送するほか、ユーザーや同社サービスマン向けの教育、365日24時間対応のテレフォンサービスなどの機能を備えている。
 上海テクノロジーセンタや小巨人工場などから発送していた業務体制を中国パーツセンタに統合することで効率化を図る。受注後、同日中に発送する即納率を95%まで引き上げる考えで、小物から超大物パーツまで「十分な在庫量を効率的に維持・管理する」(同社)自動倉庫を導入した。
 トレーニングスクールには、同社製工作機械の主軸ユニット、テーブル、ミル主軸などを常備。実物を使った故障診断などの実践的な教育が行えるという。