News

山善家庭機器事業部、西日本主力メーカー会を開催

 山善家庭機器事業部(麻生太一事業部長)は、5月25日、ホテル日航大阪で西日本山善家庭機器主力メーカー会を開催した。メーカー会には西日本地区の主力メーカーが出席し、互いのWIN─WINの関係構築を誓った。
 会の司会は、映画「たこやきの詩」で主演した女優・とみずみほさん。第一部では西日本山善家庭機器顧問会会長、コロナ営業本部副本部長の若本昭二郎大阪支店長があいさつに立った。若本会長は平成28年宮崎地震の被害状況と復旧特需の発生に触れ、「これから梅雨に入り、被災地でも節電や快適性向上などに貢献する季節商品が必要とされていく。増税延期など状況はめまぐるしく変わるが、製販一体となってさらなる飛躍を目指そう」と参加各社に呼びかけた。
 山善の中田社長の現況報告に続いて登壇した同社の麻生太一事業部長はメーカー別や地域別の営業成績の概況を説明。今期の事業部売上高目標を800億円とし、「メーカー様の商品を山善オリジナルとして仕上げて商談頻度を上げるなど、売上を伸ばす5つのプロセスを実行し、ここにいる皆様の力で目標を必達しよう」と力強く語った。
 第二部ではジェネリック家電推進委員会の近兼拓史代表理事が「ジェネリック家電が切り開く明日の日本経済」と題した講演を展開。その後の懇親会ではミュージーコーポレーションの佐藤好己社長(顧問会副会長)の発声で乾杯。賑やかな歓談の時間が流れ、新富士バーナーの小黒正宏常務の中締めを経て散会した。