News

MRJ、試験機2号機の初飛行を実施

 三菱航空機および三菱重工業は5月31日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機2号機の初飛行を実施した。
 初飛行では県営名古屋空港を離陸後、太平洋側の空域を利用し、基本特性の確認を行った。2号機では今後、主にMRJの性能確認を目的とした飛行試験を実施するという。
 両社は今夏にも、米国モーゼスレイク市(ワシントン州)のグラント・カウンティ国際空港に飛行試験拠点を設け、開発を加速し、2018年半ばの量産初号機納入を目指す方針だ。