News

キッチン・バス工業会、新会長に永大産業・大道氏

 キッチン・バス工業会は6月2日の定時総会で、退任する有代匡会長(LIXIL副社長)の後任に永大産業の大道正人社長を選んだ。大道氏は「役員会社としては規模が小さく相応しくないかもしれないが、歴史があると推選された。高断熱浴槽のトップランナー制度化の検討など今年度も課題をたくさん抱えるが、引き受けたからにはピリリと辛さを出していきたい」と話した。
 自主出荷統計の内容充実を図る工業会では、リフォーム向け出荷割合や高断熱浴槽の出荷などを加え、多様化する消費者ニーズの分析に努めていく考え。