News

村田機械、中小のネットセキュリティ構築へ

メーカー名商品名
村田機械「InformationGuard」

導入から運用・保守までサポート

7802

 村田機械(村田大介社長)は、中小規模の事業所でも容易に導入が可能な、ネットワーク環境のセキュリティ構築をサポートする「InformationGuard」を開発。ムラテック販売から7月上旬より発売する。
 UTM(統合脅威管理)とストレージを一体化したハードウエア。UTM機能により外部からの不正侵入やウイルス感染を防止するとともに、ストレージ機能により事業所内に堅牢でセキュアなファイルサーバーが簡単に設置でき、ワンストップでセキュアなネットワーク環境を構築することができる。
 ネットワークセキュリティソリューション分野で実績のあるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの技術をUTM部に採用した。ファイアウォール、アンチウイルスなどの機能により、外部及び内部からの様々な脅威をガードする。多彩なバックアップ機能や暗号化機能、ウイルス対策機能などを搭載し、業務データの消失や情報漏洩、ストレージのウイルス感染リスクを低減する。
 ネットワークセキュリティ上の脅威が増加する中、中小規模事業所でもセキュリティ確保や情報漏洩リスク軽減が必要不可欠となりつつある。業務データの一元管理や漏洩防止、バックアップも重要な課題と認識されているものの、これらの対策が進まない背景には、専門知識を持つ人材が少ないことが挙げられる。
 InformationGuardの場合、「専門知識がなくても安心して利用できるよう、導入から運用・メンテナンス面までトータルサポートを提供する」(村田機械)という。ハードウエアは5年間無償保証。万が一のHDD障害時はHDD交換を無償とした。トラブル発生時にはリモートおよびオンサイトでサービスマンが対応する。標準価格は5年ライセンスモデル2TBで118万円、4TBで130万円。