News

ロブテックス、工具5点が東大阪ブランドに

7831

 ロブテックス(地引俊爲社長)が開発した作業工具5点が東大阪ブランドに認定された。東大阪ブランド推進機構が地元企業の自社オリジナル製品を、オンリーワン・ナンバーワン・プラスアルファの基準で審査。従来品にはない付加機能や付加価値を有する「プラスアルファ製品」としてブランドの仲間入りを果たした。
 今回認定されたのはバリの大きさを従来品比で約50%削減した「バリの出にくいチューブカッター」(=写真)のほか、「ネジアンギラスシリーズ」▽トリグリッププライヤ▽アンギラス▽ハイブリッドポンプラ▽バイスプライヤ—タイプの計5点。以前より認定されている工具として、ハイブリッドモンキレンチが「オンリーワン製品」として認定されている。