News

「殺人爆撃機」、軍用ドローン年に50台

 中国の軍用ドローン(無人飛行機)が年15%ペースで増産され、2020年には資産ベースで20億米ドル(約2100億円)へと拡大する見通し。この間の総需要は120億米ドルに膨らみ、同期間のドローン支出の実に90%近くを占めると予想されている。「2016~20年中国軍需工業産業・投資見通し報告」と題したリポートはまた、「軍用ドローン分野で中国の潜在購買力は各国に抜きんでている」と強調している。