News

在住ビジネス、地盤調査から補強工事まで一括支援

 地盤調査の手配などを手がける在住ビジネス(東京都港区高輪2-20-29、TEL.03-6408-5690)はサービスの利便性を売りに住宅会社への提案を強化している。「地盤オプティマイズサービス」がそれで、厳選した全国約80社の地盤調査会社と手を組み、その手配から調査、データ解析をワンストップで実施する。解析結果によっては補強工事の手配も行う。
 このサービスのもう1つの特徴は、同社と住宅会社、地盤調査会社の3者が被保険者グループとなり、地盤沈下など万一の建物損壊発生時に地盤特約付きPL保険に対応できること。これにより工事期間に加え引渡日から10年または20年間の保証期間において、勾配角度による免責事項がない。一般的な第三者による地盤保証では勾配角が基準に満たないと保証されないなどの免責事項がある。
 サービスを利用するには年間3万円の登録料が必要だが、登録者は地盤調査実施前でも補強工事の発生可能性リスクの無料提供を受けられる。同社は「対象現場から最も近い同じ地形のボーリングデータなどを活用し、リスクの根拠から必要となりそうな補強工事の見積もりも示せる。住宅会社さんには差別化できるサービスとしてぜひ利用していただきたい」(営業企画課)と話す。
 設立から5年目の会社だが、大手ビルダーなどから年間数千件の受注実績をもつ。同社は熊本地震などでニーズが高まっている活断層の有無や液状化リスクを示すサービスも数カ月後に提供していく考え。