News

アイカ工業、光沢性1.5倍の工場向け塗り床材

メーカー名商品名
アイカ工業アイカピュールハード ファブリカハードHG工法

塗膜2mmから、AGV走行にも好適

8060

 アイカ工業(愛知県清須市西堀江2288、TEL.052-409-8088)は工場や作業場などの床に向く水性硬質ウレタン塗り床材の新工法「アイカピュールハード ファブリカハードHG工法」を開発し、販売を始めた。
 独自の樹脂設計により塗膜厚みが2㎜から施工でき、従来品の1.5倍の光沢性をもつ。水性床材のため改修時の臭気が少ない。耐久性に優れる従来のアイカピュールハードはAGV(無人搬送車)などが同じ場所を走行する工場などで利用されているが、塗膜厚みを3㎜確保する必要があり光沢性が低いことが課題だった。税別の設計価格は1㎡当たり8200円。