News

ユニオンツール、アルミ加工用スクエアエンドミル

メーカー名商品名
ユニオンツールスクエアエンドミル「DLC-AZS」

サイズ増設、「5D有効長」ラインアップに

8066

 ユニオンツール(東京都品川区南大井6-17-1、TEL.03-5493-1001)は3枚刃アルミ加工用高能率縦横送りDLC コートロングネックスクエアエンドミル「DLC-AZS」に、「5D有効長」タイプ9種(径1~12mm)を新たに加え、6月下旬に発売した。このサイズ増設により、「DLC-AZS」は全22種となった。
 「DLC-AZS」は45度のねじれを採用して切りくず排出性を高めるとともに、アルミ加工に最適な刃形を追求してバリの発生を大幅抑制、市場評価を高めていた。ムクのワークにZ切れ込みが可能で、DLCコーティングによって耐溶着性と耐磨耗性にも優れる。
 ノンコートタイプ(AZS)では3Dと5D、双方の有効長サイズを揃えていたが、DLCコート採用の「DLC-AZS」はこれまで3D有効長のみの設定だった。5D有効長の追加により、一層選びやすいサイズ展開とする。
 「5D有効長」タイプ9種の定価(税別)は6200~2万2530円。