News

三菱重工工作機械、微細レーザー加工機初号機を納入

メーカー名商品名
三菱重工工作機械微細レーザー加工機「ABLASER(アブレーザー)」

欧米・アジア市場での拡販目指す

8076

 三菱重工グループの三菱重工工作機械(滋賀県栗東市)はこのほど、レーザー加工機事業の製品第一弾として開発した微細レーザー加工機「ABLASER(アブレーザー)」の初号機を、国内大手精密機器メーカーに納入した。同社では、独自の精密光学ヘッドの採用などにより実現した高速・高精度な精密加工性能を、欧米市場で広くアピールするとともに、「半導体製造工程で、アブレーザーを活用した新たな微細加工ソリューションをアジア市場で提案、拡販を目指す」方針だ。
 同機は、微細で高品質な加工面が得られるパルス幅の短い短パルスレーザー光を、精密なレンズやプリズムなどを組み合わせ、精密工作機械のノウハウを用い自由に屈折させたり回転させたりする独自の精密光学ヘッドにより、「形状精度を高めることに成功した」(同社)という。高いピーク出力で加工部分をアブレーション(蒸発、昇華)させることで、加工面への熱影響を抑えることができ、同社では「穴あけ加工では放電加工や従来のレーザー加工を上回る寸法精度と表面の滑らかさを確保。円錐状穴や鼓状穴といった難しい加工も可能」としている。
 今回の初号機納入を契機に、同社では国内での営業活動に加え、欧州および北米市場を中心に、自動車、精密機器、半導体、医療分野等の加工現場への提案型営業を強化し、微細高精度加工へのニーズの掘り起こしを図る。