News

罰金200万元、動物虐待への刑罰を強化 

 台湾では動物虐待に対する刑罰が強化された。新たな動物保護法改正案は、故意に虐待し動物の器官機能を喪失させた場合、2年以下の懲役と最高200万台湾元(約630万円)の罰金を科す。また犬や猫を食べる行為は罰金5万~25万元、薬や銃器で動物を殺した場合は1年以上5年以下の懲役と50万元以上500万元以下の罰金。海軍陸戦隊での犬の虐待事件が社会に衝撃を与えたことが、厳罰化の背景となっている。