News

三菱日立ツール、リブ加工に向くボールエンドミル

メーカー名商品名
三菱日立ツールエポックコンビネーションリブボール

放電加工領域を切削化

8144

 三菱日立ツール(東京都墨田区両国4-31-11、TEL.03-6890-5102)は樹脂金型の補強リブ溝加工に向く超硬テーパーボールエンドミル「エポックコンビネーションリブボール」を7月20日に発売した。
 リブ溝を往復切削することで高精度なリブ溝が加工可能。従来の深彫り加工用工具では切削困難な放電加工領域を切削化でき、次工程の磨きを大幅に時間短縮できるという。コーティングは密着性と耐摩耗性に優れる独自のPNコートを採用し、寿命を向上。刃径0.8−1.0㎜の14アイテム揃え、税別価格は1万2500−1万6400円。年間販売1億円目標。