News

住友電気工業、軟質切りくずの課題解消

メーカー名商品名
住友電気工業アルミニウム合金加工用多機能工具

アルミ用多機能工具

8153

 住友電気工業(兵庫県伊丹市)は、アルミニウム合金加工用の多機能工具を発売した。ラインアップに溝幅2mm×切れ刃長4mmなど3アイテムを用意。2017年度に1億円の売上げを見込んでいる。
 「スミダイヤ多機能工具SGW型」は、燃費向上を目的に、自動車や航空機などで使用割合が増加している非鉄金属材料向けの切削工具。アルミ加工の課題となっている軟質の切りくずが伸びやすい点を解消した。切りくずが工具に絡まったり、ワークを傷つけたりといったことを防ぐことで、高品位・高精度の安定した加工を可能にした。
 3次元形状のチップブレーカを刃先近傍のダイヤモンド焼結体上に形成することで、アルミの溝入れ・横送りで抜群の切りくず処理性を実現した。刃先材種には、超微粒ダイヤモンドを高密度に焼結した「DA1000」を採用。耐欠損性と耐摩耗性を両立させた。標準価格は税抜1万5800円。