News

エリーパワー製蓄電池、賃貸住宅全戸へ標準設置

業界初

8218

 エリーパワー(東京都品川区、吉田博一社長)の同社製従来製品より約20%小型・軽量化した室内用蓄電システム「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」(=写真)が大和ハウス工業の防災配慮型賃貸住宅商品「セジュールNewルピナ」(7月1日発売)に採用された。エリーパワーは賃貸住宅においてはこれまで共用部への設置を中心に展開してきたが、全戸への標準設置は業界で初めて。
 この蓄電システムは小型化しつつ蓄電容量は従来機と同じ2.5kWh。出力は1.5kVAに向上し、災害時には冷蔵庫や照明などに電力供給できる。運転音は日常生活で一般に「静か」と感じる45dBを下回る38dB以下に抑えた。