News

山久が創業85周年、記念式典を開催

最高に安心な企業を目指して

8244

 山久(本社・滋賀県長浜市、平山正樹社長)は昭和6年の創業以来、信用第一を原点に機械工具の専門商社として、地域密着の営業活動を展開。さらに、環境・バイオ事業などに加え、くるみんマークも取得し、経営理念「人と地域に、安心という名の信頼。」を実践する企業として、高い評価を得ている。
 今年6月6日には、創業85周年を記念し、長浜市内のホテルに主要仕入先・メーカーなど約100人を招き、記念式典を開催した。
 式典であいさつに立った平山社長は、創業85周年を迎えたことへの謝辞を述べた後、「創業者なくして企業はなし。先人が築き上げた『信用第一』をしっかりと継承する。信用と人のつながりを大切に時代の変化に的確に対応し、『地球上で最高に安心な企業』を目指して、持続的に成長していきたい」と決意を披露した。
 取引先を代表し、山善の中田繞社長は、「信頼される企業だから、創業85周年という歴史を刻むことができた。次の90年、100年、150年とさらに年輪を重ね、益々の発展を期待する」と祝辞を述べた。
 次いで、長浜市の藤井勇治市長が来賓あいさつ。「地域産業への長年の貢献に加え、最近では子育てサポート企業として、子育て推進休暇制度や育児手当の導入など、積極的に取り組んでいる」と称賛すると共に、長浜市の「平成27年度子育て応援表彰・職場環境づくり部門」を受賞したことを紹介し、記念式典の席上、藤井市長から平山社長に表彰状が贈られた
 この後、トラスコ中山の中山哲也社長の乾杯で祝宴に移り、和やかに歓談。同社の創業85周年を祝った。