News

ダイキン工業、ベトナムに空調機の工場を設立

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)はベトナムの首都ハノイ近郊の第2タンロン工業団地内に約100億円を投資し、同国に初めて生産拠点を設立することを決定した。新工場では住宅用エアコンの生産を計画しておりタイ、マレーシア、インドに次ぐアジアでの新たな生産拠点として2018年4月より稼動を開始する予定。
 ベトナムは著しい経済発展と中間層の増加から、住宅用エアコンを中心に空調機の需要が拡大しており、アジア最大級の空調市場に成長している。さらに、所得に比べて電気代が高く、インバータ付きエアコンのような省エネ製品が広まりつつある。こうした背景から、ダイキン工業では現地生産により製品供給力を強化し、事業展開をさらに加速することを決定した。
 ダイキン工業では、戦略経営計画FUSION20において、アジアの空調事業の強化を重点施策と位置付けている。同社では「2018年には同地域での売上高3800億円を目指しており、ベトナムをはじめ各国で事業拡大につとめる」としている。