News

パナソニック、照明事業などを強化

 パナソニックのエコソリューションズ社は国内外で照明事業などを強化する。国内で製造する新潟工場(新潟県燕市)に今年度11億円の設備投資を行い生産能力を3割増やす。一体型LEDベースライト「iDシリーズ」の売上が2012年の発売来、毎年大幅に伸長しているため。
 一方で海外販売の拡大にも取り組む。住宅および非住宅用照明器具を販売するインドネシアで販路を開拓し、販売店数を18年度には現在の1.9倍に引き上げ、100億円規模の販売を目指す。また新事業として、強さと硬さと耐熱性を兼ね備えるタングステンの製造技術を応用し、冶金事業を立ち上げる。半導体・回路基板などの検査針、耐切創性のある手袋の素材など向けに18年度には100億円規模の販売を目指す。