News

トヨタ、マレーシアで生産体制を再編

乗用車専用工場を新設

 トヨタ自動車は、マレーシア市場での競争力ある生産体制を構築するために、新たな車両工場建設を核とした現地生産体制の再編に着手する。
再編は、マレーシアでの合弁事業会社(UMWT)が、車両生産子会社(ASSB)を通じて行うもので、乗用車と商用車を混流生産する既存工場での乗用車生産を2019年初に終了し、乗用車専用工場を新たに建設するもの。セランゴール州クラン市に建設する新工場への投資額は約490億円で、伸縮自在ラインやコンパクトな塗装ブースなど、メキシコ新工場や中国新ラインと同様の革新的生産技術を導入し、19年初より年産5万台の生産能力で稼働を開始。同社では、「競争力ある新しい工場づくりを目指す」方針だ。
 一方、1968年にコロナ・カローラのCKD生産からスタートした現在の工場は、商用車生産に特化するとともに、車両構造・サイズに応じて工程や物流を最適化することで、生産性を向上させるという。