News

ヤンゴン市ピンチ、交通緩和へ市場の大改良

 発展するミャンマー。だが、最大都市ヤンゴンには市場周辺の交通大渋滞が大きな悩み。駐車場不足が路上駐車を誘発しているためで、その混雑緩和へ市中心部の市場が全面改良される見通しだ。通行の妨げになっている屋台を市場内に移し、店を構えて商売できるようにするもので、その対象は市内のテイン・ジー市場、ミンガラー市場、タン市場、ボージョー市場など170ほども。いずれ国家的大事業となるのは必至。