News

台湾銀行に被害、中国鉄鋼業の債務不履行

 生産過剰とリストラで中国鉄鋼業界の債務不履行が相次ぎ、台湾系銀行にも被害が及んでいる。例えば天津鋼鉄集団に対する台湾系銀行5行の協調融資は、最終償還分4750万米ドルの不履行が確定し、各行はやむなく期限5年繰り延べに同意。こうした台湾系銀行の中国での不良債権比率は今夏で1%を超えてしまった。中国鉄鋼業界は生産能力の削減圧力を受けているため、債務が返済されるかどうかは見えないままだ。