News

矢野研、ドローンの活用分野

世界市場、2020年には2兆2814億円

 「民間用と軍事用を合わせたドローンの世界市場規模は、2015年で1兆2410億円。15年から20年にかけて年平均成長率は12.9%で推移し、20年には2兆2814億円を予測。民間では、点検・検査が成長分野」―。
 矢野経済研究所はこのほど、無人航空機「ドローン」の世界市場調査を実施。世界市場での規模や今後の可能性を示した。
 調査は今年1月から6月に、ドローンメーカー、ユーザー企業、アプリケーション企業などを対象に実施した。
 それによると、世界の民間用(産業用、ホビー用、サービス)と軍事用のすべてを合わせた世界市場規模は、2015年で1兆2410億円。15年から20年までの5年間の年平均成長率は12・9%で推移し、20年には2兆2814億円になると予測。また、現在の世界市場では軍事用が過半数を超えているが、20年までには民間用と軍事用がほぼ半々になるとの見通しを示した。
 一方、民間ドローンサービスの世界市場規模は、15年で290億円。15年から20年までの年平均成長率は50・4%と高い水準で推移し、20年には2233憶円に達すると予測した。
 特に、成長率の高いのは「点検・検査、測量分野」と分析。その要因として、現行のカメラ搭載機体での画像(映像)撮影による方式に加え、今後、「ドローンの自律性や、航続距離(時間)、搭載する積載重量の進化、用途に応じた分析・適法手法の確立等に伴い、応用範囲はさらに広がる可能性が高い」と指摘している。