News

ベターリビング、良好な温熱環境の実現へ

新たな研究委員会を設置

 (一財)ベターリビング(井上俊之理事長)は6月27日、第1回「住宅における良好な温熱環境実現研究委員会」(委員長:村上周三、建築環境・省エネルギー機構理事長)を開催した。
 同研究委員会は、平成28年度から2カ年にわたり、住宅における良好な温熱環境の実現のため、住宅全体の高断熱・高気密化や、冬場の室温が低く健康への影響が大きいと考えられる浴室、脱衣室、トイレ等の水回り空間の対応策等の検討を行う。「検討した対応策等を量的に意味のあるレベルで普及していくことにより、例えば冬場に多発する高齢者の入浴中の重大事故の減少等につなげていきたい」としている。
 今回の研究では、住宅関連団体等の協力を得て2つの部会を設置する。「温熱環境研究部会」(部会長:伊香賀俊治 慶應義塾大学教授)では、既往の調査研究やエビデンスを活用し、さらに有識者の見解、諸外国の状況、文献等も参考にして居住空間における温熱環境水準(温度等)を検討する。この検討結果に基づき、「構工法・設備評価部会」(部会長:岩前篤 近畿大学建築学部長、教授)では居住空間の良好な温熱環境を実現させるための住宅の構工法、設備等による現実的かつ効果的な対応策等を検討する。また、住宅産業全体の取り組みとして対応策の普及を図るとともに、一般生活者への理解促進のための周知を進める。