News

LIXILが小型キッチン2種

メーカー名商品名
LIXIL小型キッチン2種

座って作業、分割搬入できる

8516

 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は小型キッチン2種を9月1日に発売した。フルモデルチェンジした「ミニキッチン」はキッチン機能をコンパクトにまとめたもの。深さ約12cmの浅型シンクと前後左右へ移動する際に便利なサポートバーを取り付け、椅子に座ったままでも作業しやすい、サービス付き高齢者向け住宅やオフィスなどに対応するタイプを加えた。間口90~150センチで、税別9万7000円から。
 アパート・マンションから戸建住宅に向くコンポーネントキッチン「サンファーニTio」にはリフォームしやすいよう「キャビネット分割型」を新たに加えた。フロアユニットをシンク側とコンロ側の2つに分け、ワークトップと別々に室内に搬入することができる。3タイプの間口を用意し、参考価格は間口180㌢のベーシックパッケージプランで33万4000円から。