News

山善、ミャンマー・ヤンゴンに事務所開設

新規市場開拓目指す

8548

 山善のタイ現地法人である山善タイは9月1日、ミャンマー最大都市のヤンゴンに新事務所を開設した。
 今年3月、新政権が発足したミャンマーは、海外投資が相次ぎ、複数の工業団地の開発が進むなど、アセアン域内の重要拠点として、企業集積が一段と加速すると期待されている。進出企業も現在は、繊維関連産業等が中心だが、今後は様々な分野の製造業の進出も進み、設備機器関連の需要拡大が見込まれている。
 山善はアジア戦略の一つとして、アセアンの重要性に注力し、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピンなどに、積極的に進出し、地域密着の販売体制と独自のエンジニアリング機能を備えた営業・サービス活動を展開している。こうした中、昨年9月には山善タイが、ミャンマー最大の産業展に出展、切削・測定工具等を展示したブースには多数が来場するなど、日本製生産財商品への関心の高さを示した。
 今回のヤンゴン事務所開設により、現地での存在感を高め、新規市場開拓に取り組むとともに、バンコクなど近隣都市にも拠点を展開している強みを活かし、ミャンマーでの販売体制の礎を構築する方針だ。