News

DMG森精機と日本マイクロソフト、技術協力で合意

スマートF実現に向け、 セキュリティ対策などで連携

 DMG森精機(森雅彦社長)と日本マイクロソフト(平野拓也社長)はこのほど、スマート工場実現に向け、連携し技術協力をしていくことで基本合意に達した。9月9日に都内で記者会見を開き、当面の技術協力の在り方などを伝えた。
 会見の冒頭、森社長は工作機械における「組込みソフト」の重要性について話し、「(組込みソフトが鍵を握る)スマートマシンの段階ではセキュリティの問題は出ず、出ても解決できるが、これをスマートファクトリー、さらにスマートカンパニーへと広げる中でセキュリティ問題が大きな課題になる」とした。
 このため「最先端のサイバーセキュリティ対策に取り組む日本マイクロソフトさんに技術協力を願った」と伝えた。
 記者団からは、マ社本体ではなくマ社日本法人と組むことで、取り組みが地域的に限定されないか、の問いも出たが、森社長は「我々向けにカスタマイズし最良化したセキュリティシステムをDMG森精機として世界展開する。もちろん、マ社がITの老舗でグローバルに拠点を持たれ、世界で信頼を得ておられる事が大きなプラスになる」などと答えた。早ければ来年早々にも両社の協業が生むセキュリティシステムを、DMG森精機のシステム商品に搭載・活用させる考え。
 今後両社は、各種情報をクラウドへ集約する為のデータ転送の安全化や、クラウドにおけるデータの取扱いなどを中心にセキュリティ分野に関連して幅広く技術協力を進める。マ社サイドでは、「セキュリティに限定せず、協業が生む可能性を様々追っていきたい」などの発言が複数出ており、森社長からもデジタル化の付加価値を協業を通じ高めたい、などとあった。