News

日越大学が開学、東大などが教員を支援

 国際的な人材輩出をめざす日越大学(VJU)がこのほど、日本の支援によってハノイに開校、まず大学院修士課程の1期生70人を迎え入れた。ベトナム国家大学の傘下大学で、修士課程は「公共政策」「ナノテクノロジー」「地域研究」など6コース。日本側からは国際協力機構(JICA)が教職員の養成・研修や日本人教員の派遣などを支援してきた。東京大学など日本の7大学が幹事校として教員の派遣などで参画する。