News

車載モータ世界市場、燃費改善を背景に需要拡大

 ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)など次世代自動車の普及に伴い、「車載モータの世界市場は、2015年の約28億5900万個から、20年には約36億3200万個、25年には約44億600万個に拡大する」−。
 矢野経済研究所はこのほど、車載モータ世界市場の調査を実施、結果を公表した。
 調査は5月から8月の期間、自動車システムおよびモータメーカー等を対象に行った。対象の車載モータは、スタータやオルタネータ、各種補機類から次世代自動車(HEV/EV)に用いられる主機モータで、カーオーディオやナビゲーションシステムに使用されているディスクドライブ・HDD用モータ等の一部は対象外とした。車種はHEV車やEV車を含む、すべての乗用車および車両重量3.5トン以下の商用車を調査した。
 それによると、15年の車載モータ世界市場規模は約28億5900万個。自動車業界では、20年に向け各国で燃費規制の厳格化が進行している中、HEV車やEV車などの次世代自動車の普及や、燃費改善技術の採用が世界的に進んでいるため、世界的に車載モータの新たな需要が広がると指摘。20年には約36億3200万個、25年には約44億600万個まで拡大すると予測した。
 また、調査では車載モータを、パワートレイン、シャシ、ボディ、次世代自動車システムという4つの領域に分けて分析。15年の世界市場で、最も大きな比率を占めるのはボディ領域(パワーウィンドウやパワーシート、ダンパモータ等)で、全体の73.5%を占める。一方、次世代自動車システム領域(主機モータや電動コンプレッサ、各種電動ポンプ等を含む)は、現状では需要個数が少ないものの、今後次世代自動車の普及に伴い増加が見込まれ、25年には全体の1.8%を占めると予測している。