News

ダイヘン、疲れにくい溶接トーチ

メーカー名商品名
ダイヘンCO2/MAG用空冷溶接トーチ

熱対策で温度上昇2割減

8728

 ダイヘン(大阪市淀川区)は、疲れにくいCO2/MAG用空冷溶接トーチを開発した。手のひらとグリップの接触面を1.7倍に拡大し、ソフトな力で安定して握ることができる。作業環境や用途に応じて、小形と大形の2種類から選べる。
 重労働の溶接作業を楽にする目的で製品化した「BLUE TORCHⅢ」は、人間工学に基づいて開発することで疲れにくい・熱くなりにくい・使いやすいを可能にした。柔軟なトーチケーブルを採用。作業者の体感重量を約14%軽減し、溶接時の作業性を高めた。
 連続作業を中断する原因となっているハンドルの熱にも着目した。内部で発生した熱が伝わりにくい構造に設計し、温度上昇を最大20%低減した。
 使いやすさの点では、簡単にカスタマイズできるようにすることで対応した。大形タイプは工具なしで分解可能。用途に応じて、姿勢要請が楽にできるガンハンドル、小さい手でもしっかり握れるスリムハンドル、誤ってトーチを落としてもスイッチが入りにくいセーフティハンドルなどに変更できる。
 分解構造は、メンテナンスのしやすさにも関係しており、トリガの交換時間を最大85%短縮できる。販売価格は大形ハンドルで2万4900円から。各モデル合計で年間8万本の販売を目指す。