News

『92共識なかった』、中国に頼るなと元総統

 訪台する中国人観光客の減少について台湾の李登輝元総統はこのほど、「台湾経済は中国に頼る必要はまったくない」との考えを強調した。蔡英文・現政権が「1992年の共通認識(92共識)」を受け入れず中国との関係が悪化していることについても、「当時は『92共識』という言葉がなかったことは、台湾人なら誰でも知っている。中国はなかったことを台湾に強要している」と発言し、「政府は勇気を持て」と提言した。