News

タイでは調査徹底、工場敷地の土壌・地下水

 埋立地・豊洲の地下水問題が長引くのは東京都だが、タイでは工場敷地内の土壌・地下水汚染防止の新規則を10月下旬から施行した。規則は12業種にわたるメーカーに対し、定期的な土壌・地下水調査を実施し、結果を報告することを義務付けた。規制内容は周辺国と比較しても要求内容が多く、行政側の姿勢は極めて積極的。運用に当たり9月に実施細則が発令されているが、その内容は東京都にも参考になりそうだ。