News

岡﨑精工、安価な超砥粒ホイール

メーカー名商品名
岡﨑精工超砥粒ホイール「平面くん」

切込2.5~10倍に

8859

 岡﨑精工(大阪市東淀川区)は、高精度研磨が可能な平面研削盤専用の超砥粒ホイール「平面くん」を開発した。ラインナップとして、超硬・セラミックス向けのダイヤモンド砥石(粒度♯150)、焼き入れ鋼向けのCBN砥石(♯180)を各3種類用意。10月3日から全国販売を開始し、一般砥石からの置き換えを提案する。
 超砥粒ホイールの特長は、一般砥石に比べ、硬度、寸法精度、耐摩耗性に優れていること。寿命が長く、砥石の交換頻度が減る反面、イニシャルコストとメンテナンスが課題になっていた。
 新製品は、価格を同社従来品比で40~50%下げた。標準価格は、ダイヤモンド砥石で4万5千円~4万8千円、焼きCBN砥石で5万3千円~5万7千円に設定した。
 「一般砥石の2.5~10倍の切り込み量を確保して加工スピードを上げながら、メンテナンス性にもこだわった」という。段差形状になった場合でも、特別な工具を使わず、生材研磨で簡単に振れ取り(ツルーイング)ができる。
 添加材に特殊ボンドを使用。ホイールのボディは弾性のある強化プラスチックを採用した。国内平面研削盤メーカーの各機種に適用しており、国内14カ所に点在する全営業所に在庫を取り揃えている。