News

トヨタとスズキが提携を検討

環境・安全、IT情報分野で

 トヨタ自動車とスズキは12日、両社の協力関係の構築に向けた検討を開始すると発表した。
 自動車業界は、環境や安全対応などの従来の自動車開発技術にとどまらず、自動運転の実現を目指し、AI(人工知能)の活用など、IT(情報技術)分野の開発が急ピッチで展開、インフラとの協調や新たなルールづくりや他社との連携の重要性が増している。
 トヨタは、環境や安全、情報等の技術開発に取り組んでいるが、「欧米各社よりも仲間づくり、標準づくりの面で遅れている」(同社)と分析。
 一方、スズキは軽自動車を中心に、価格競争力の高いクルマづくりを展開しているが、自動運転などの技術開発では遅れているのが現状。
 両社では、それぞれの課題解決を目指し、両社間で自由な競争が行われることを前提に、業務提携の検討を開始する。提携構想は両社以外にもオープンなスタンスで対応、将来的には標準化への可能性を期待しているという。
 トヨタの豊田章男社長は、「自動車業界を取り巻く環境が大きく変わる今、生き抜くために必要なのは『変化に対応する力』。個別の技術開発に加えて、同じ志をもった仲間づくりが重要」とし、「『もっといいクルマ』づくりと自動車産業発展に役立つ取り組みであれば、常にオープンな姿勢で検討する」と語った。
 スズキの鈴木修会長は、「業界トップのトヨタは、最も信頼できる会社。スズキの将来のためにもしっかりと協議に臨んでいく」と述べた。