News

工具製造のユニカ、ベトナム貸工場を好評につき増強

 電動先端工具メーカーのユニカホールディングス(東京都千代田区)はベトナムでマネジメント付きレンタル工場を増強している。この工場では生産活動に伴う人材募集、会計、総務、通関、納税、法令順守といった間接的な業務を入居企業に代わって行うのが特徴。また導入する設備や電源、照明、水道など必要なインフラも準備するため、「入居者はスイッチONで仕事が始められ、得意な製造に専念していただける」と言う。
 建設中のレンタル工場Vie-Pan Techno Parkの第2棟はホーチミン中心部から車で40分ほどの工業団地にある。広さ5650平方メートルに15社程度の入居を想定し募集中。賃料は1平方メートル当たり月額5ドル、管理業務のサービスは同3ドル。11月初旬に竣工し、入居が始まるという。隣接地にある第1棟(2014年建設、約7千平方メートル)には自動車部品や印刷会社など14社が契約し満室となった。