News

リンナイ、業務用給湯器に遠隔保守サービス

 リンナイ(内藤弘康社長)は50号業務用給湯器用新保守メンテナンス契約プランを10月20日より新たに設定した。遠隔監視ユニットにより運転状況を監視して故障を未然に防止でき、また点検の時期を簡単に把握できる。同社では「ユーザーの業務に支障をきたすことなく、器具を正常に保てる」という。
 税抜希望小売価格は遠隔監視ユニット端末が9万8000円、遠隔監視ユニットケースが7万7000円。保守、修理に必要な部品代については、無償・有償の2つのプランを用意した。無償の「プラチナパック」では機器の運転状況と部品の耐久性から判断し、機器の故障前であっても主要部品を無償交換するほか、消耗品である中和剤についても無償対応する。有償の「プラチナパックライト」では、機器の運転状況によりサービスマンの判断で、有償で部品交換を提案する。部品交換は、ユーザーの同意を得たうえで実施する。
 設置1年後をめどに、年1回の点検を定期的に実施。遠隔監視により給湯器の運転状況を監視し、給湯器にエラーが発生した際には早急に対応する。定期点検、および契約期間内に発生した修理に要する技術料、出張費は全て無償。