News

「ドローン」の病、深刻なパイロット不足

 ドローン(小型無人機)市場が急ピッチに拡大する中国。だが、空撮などをする「パイロット」の不足が問題化。ドローン販売台数は今年40万台に拡大と予想される中、専門資格の保有者は1万人に満たないのが現状。見習いから一人前に育つまでには、1〜2年の訓練期間が必要だが、その間の給料は1カ月数千人民元程度。だから無資格者が数多く存在し、市場の価格システムはないに等しい。経営側は青息吐息という。