News

安田工業、立形マイクロセンタ「YMC650」

メーカー名商品名
安田工業立形マイクロセンタ「YMC650」

ストローク拡大、最大積載量2倍に

9397

 安田工業(安田拓人社長)はこのほど、立形5軸マイクロセンタ「YMC650」(=写真)を発売した。JIMTOF2016で実機を披露する。
 微細加工分野で好評のYMC430の性能を維持しつつ、ワークの大型化ニーズに応えた機種。軸移動量(X・Y・Z)を従来の420・300・250ミリメートルから600・500・280ミリメートルにまで広げ、最大積載重量は200キログラムと同比2倍、テーブル作業面の大きさは700×550ミリメートルで同比約1.8倍の面積に拡大した。自動車の燃料電池関連事業やヘッド関連部品などの微細加工分野を主なターゲットに見据える。
 軸の追従性に優れるリニアモータ駆動を全軸に採用した。さらに主軸ヘッドやX軸・Z軸移動体を軽量化し、超精密リニアガイドウェイを採用したことで、高い応答性と運動性を確保。最大積載重量とストロークを拡大しつつも、加減速の多い微細な指令を正確に加工に反映できる。
 熱変位の低減に向けては機体温調(ベッド・コラム等)、主軸・リニアモータ冷却機能、主軸熱変位補正機能、工具自動計測補正装置などで対応。長時間加工でも全域にわたって優れた形状精度を維持できる。
 最高主軸回転数は毎分4万回転。本体サイズは幅1850・高さ2700・奥行2675ミリメートルで、YMC430(幅1700ミリメートル)より一回り大きい程度に収めた。価格は税抜3600万円、初年度販売目標は20台。