News

アクトファイブ、油分濃度計測システム

メーカー名商品名
アクトファイブ油分濃度計測システム

新たに洗浄機搭載型

9019

 工業用洗浄機メーカーのアクトファイブ(京都市伏見区、石井郁男社長)が油分濃度計測システムの新製品「ROMⅡ」を、先ごろ東京ビッグサイトで開催した「洗浄総合展2016」で初披露した。
 同社は洗浄液中の微量な油分を高精度に計測するインライン式の計測システムを昨年開発し、「ROMⅠ」の名称で昨年末から販売、日本産業洗浄協議会の「産業洗浄優秀新製品賞」に選ばれるなど業界で注目を集めていた。
 その第2弾となる新製品「ROMⅡ」は、PCを使って油分濃度を解析した「ROMⅠ」と異なり、PLCタイプのコンパクトにした洗浄装置に搭載型の計測システムとして完成させた。炭化水素系洗浄機の槽の油分濃度を精度よく管理でき、洗浄不良を減少させ品質管理に活かせる。また被洗浄物(金属部品等)についた油の濃度が洗浄工程で設定した濃度を下回った時点で「無駄なく、確実に」洗浄を終えられるようにもできる。油分濃度はリアルタイムにタッチパネルでモニタリングできる。
 モニター販売を経てこのほど受注活動を開始。洗浄装置とのセット販売になり、単価はみえにくいが「ROMⅠの3分の1ほどに抑えている」(営業部)という。