News

山善、デフバスケ大会に協賛

福岡・開催のアジア太平洋選手権

 山善(中田繞社長)は聴覚障害者への理解を深め、また国内デフスポーツ発展を目指す日本デフバスケットボール協会の活動に賛同し、11月4日から11日に福岡県春日市で開催中の「第3回アジア太平洋デフバスケットボールクラブ選手権大会」に協賛している。
 2016年夏。ブラジル・リオデジャネイロで、オリンピックに続きパラリンピックが開催され世界の注目を集めたように、障害者スポーツが急速に社会の認知を受けつつあるが、助成金は健常者の5分の1ほどに留まっているのが現状という。山善は、08年から当時プロバスケットボールbjリーグに所属していた「浜松・東三河フェニックス」(現:B.LEAGUE「三遠ネオフェニックス」)のオフィシャルスポンサーとして活動している実績もあり、「かねてより障害者スポーツへの取り組みを模索していた」という。
 こうした中、今回、山善社員が開催地チームの一員として「第3回アジア太平洋デフバスケットボールクラブ選手権大会」への出場が決定したことを踏まえ、「社員はもちろん、かねてよりつながりのあるバスケットボール(デフバスケットボール)の支援に縁を感じ、協賛することとした」と説明している。
 協賛する「デフバスケットボール」は、聴覚障害者(Deaf:デフ)によるバスケットボールのことで、特定非営利活動法人日本デフバスケットボール協会(JDBA)が主に運営・活動を展開。競技は、チームメイトやドリブル、審判の音がまったく聞こえない状態でバスケットボールをプレイするため、大会などでは審判は黄色い手袋を着用し、コートの対角で審判の笛がなると旗を振って合図するシステムを採用している。「アジア太平洋デフバスケットボールクラブ選手権大会」は、アジア太平洋ブロックに位置する国々で構成される大会。12年にフィリピン・マニラ市で第1回大会が開催され、今回の福岡大会が3回目となる。参加国は、男子が台湾、オーストラリア、香港、日本2チーム。女子が台湾、日本2チーム。