News

ミツトヨ、自動車産業向け インライン検査

メーカー名商品名
ミツトヨインライン検査システム「Mapvision Quality Gateシリーズ」

パートナー企業のシステム国内外で

9188

 ミツトヨ(中川徹社長)は、自動車産業向けに「常識を覆す」(同社)という世界最速の測定スピードで、自動車車体やシャーシー溶接部品などを「全数100%、全項目100%」検査できるインライン検査システム「Mapvision Quality Gateシリーズ」を来年1月から国内外で販売する。価格は4500万円から(税別)。初年度100台以上の販売を目指す。JIMTOFで国内初公開した。
 同システムはフィンランドの企業(Mapvision社)が開発したもの。「多数のカメラによる機械視覚を応用したソフトウェア計測」であることがポイントで、従来は不可能だった計測ソリューションを実現している。測定項目の多い複雑な溶接構造体であるクロスカービーム、サブフレーム、アスクルなどをわずか30秒内で測定する。
 またインライン設計により、生産ラインの最適化、ダウンタイムの削減、徹底した省人化、不良品コストのゼロ化などに貢献でき「スマート工場の具現化に寄与する」という。
 ミツトヨはこのほど、M社との間で第三者割当増資による発行済株式の約10%取得を含む戦略的パートナーシップ契約を締結しており、この契約に基づき、同検査システムの販売、サービスをワールドワイドに行うことを決めた。