News

ノーリツ、浅草で「足湯deワールドカフェ」開催

おふろの魅力、楽しく学んで発信

 ノーリツ(國井総一郎社長)は11月26日の「いいふろの日」を前に、11月18日から2日間、浅草の商業施設「まるごとにっぽん」でおふろの新たな魅力を発信する「足湯deワールドカフェ2016」を開催した。会場では無料の足湯体験のほか、おふろの知識を学べるステージショー、バスボム作りワークショップなどを行い、延べ約1000名の一般来場者がイベントに参加した。
 イベントには大学生中心に運営するキュレーションサイト「おふろ部」のメンバーが参加し、このほど発表したノーリツの「おふろ白書2016」でも取り上げた若者層の入浴スタイルや、おふろをもっと楽しむための工夫などを若者目線で紹介した。そのほか、おふろを研究する「おふろ王子」が入浴中にできるストレッチを来場者に伝授。ステージショーには浴育を広めるゆるキャラ「ヨクーン」も登場し、会場を和ませた。
 カフェでの会話を楽しむようにリラックスした空間で意見交換をするワールドカフェの要素を会場に導入したのも特徴。参加者がメッセージカードを記入し、おふろの魅力を発信するメッセージボードを参加者全員で完成させた。ノーリツでは「今後も日本の文化であるおふろの魅力をより多くの人へと伝えていくための活動を積極的に進めていきたい」としている。