News

エリーパワー、可搬型蓄電池を分譲住宅に標準採用

9253

 エリーパワー(東京都品川区)の可搬型蓄電システム「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」が西洋ハウジングの分譲住宅「シアンズコート名取西Ⅲ」(宮城県名取市)15棟に標準搭載された。従来は住宅設計時に蓄電システムからの電力供給先を決定し、変更するには電気工事を要したが、この蓄電装置を使う新配電システムではコンセントの差替えで商用電源と蓄電池の切り替えができる。
 蓄電装置は従来機種と同じ2.5kWhだが、定格出力が1.4kW(1.5kVA)に向上しており、より多くの機器への電力供給が可能。同社は「太陽光発電システムが設置されている既築住宅やリフォーム時に後から蓄電システムを設置する際にも有効」と言う。