News

ステンレス食器?問題の韓国産とチェコ産

 重金属の含有量が基準値の7.5倍に達するとして、中国広州市はチェコ産のステンレス製ターナー(フライ返し)を廃棄処分した。クロム溶出速度の許容上限を超えていたからだという。また韓国産のステンレス製食器も同成分の溶出過多が指摘されている。輸入された韓国産ステンレス製鍋8種(8900個)のうち、6種から安全基準を3~10倍も超えるクロム成分が溶出され、その不合格率は75%に上ったという。