News

エンジニア、ダイス交換式圧着工具 300種類の端子に対応

メーカー名商品名
エンジニア精密圧着工具「PADシリーズ」

300種類の端子に対応

929

 エンジニア(大阪市東成区)は、300種類以上の端子に対応する精密圧着工具「PADシリーズ」を製品化した。 端子の種類に応じてダイスを取り替える交換式。先端を閉じるだけでダイスが適切な位置にセットされるセンタリング機能を採用した。交換用ダイスはS・M・Lサイズの3種類(各3300円)で、付属の専用六角レンチで簡単に取り替えられる。 グリップは、力を伝えやすい形状に設計し、素材には耐久性のあるエラストマー樹脂を採用した。圧着以外に、ワイヤーストリッパとカッタ機能が付いている。同社製品の携帯用ルーペ「ムッシュマグニ」(別売)と合わせて使うことで、先端部の視認性を高めた。 精密圧着工具は、電線をコネクターに接続するために使うハンドツールで、半導体や弱電関係のプロユーザーから、自作パソコンやラジコンなどの組立にも愛用されている。同社によると、「端子メーカーが専用工具を販売しているものの、高価で簡単に購入できない」という。 本体価格は7800円(税抜)。専用工具の10分の1以下に抑えた上で、初期投資からトータルコストまでの軽減を可能にした。 初年度の国内外販売目標として1万5千本を設定した。現在、端子や電線の圧着に最適な工具を選定するサービスを展開中。「デモ機を貸し出し、お客様自身で検証していただくこともできる」としている。